レーザー治療

医療用(医療機械承認済み)のレーザー機器を使用し、脱毛などの施術をおこないます。
医師が婦人科ですので、婦人科からの目線でもアプローチしたいと考えています。
医療用(メディオスター NEXT PRO:医療機械承認機)レーザー機器を使用し、
脱毛、リフトアップなどの施術を行います。
医師が婦人科ですので、婦人科からの目線でもアプローチしたいと考えています。

医療用レーザー治療について

当院は厚生労働省が医療用として適応を認可した医療用レーザーを使用しています。現在日本人に対して適用が認可されている機械は4種のみです。
十分な研修を受けた経験豊かな医療スタッフ(看護師)が施術にあたります。また、何らかの皮膚トラブルの際は、医師が施術中は待機しています。安全に十分配慮し、施術をおこない満足のいく実績を積んでまいります。

当院で予定しておりますレーザー治療に関しては以下となります。

  • レーザー脱毛
  • フェイスラインのリフトアップ
  • トーンアップ
  • ニキビ治療

当院は標榜科が婦人科です、女性の方が安心して施術頂ける環境を整えております。

  • お薬代無料
  • シェービング代無料
  • テスト照射無料(ご希望の方)
  • カウンセリング無料
  • キャンセル料無料(当日キャンセル1回のみ)
  • 予約補償
  • 再照射無料

開院を記念しまして、オープニング価格で施術いたします。価格等の詳細はクリニック受付までお問い合わせください。

施術の様子

当院で導入する脱毛装置の特色

  • 厚生労働省による医療承認機
  • 光脱毛ではなく、医療用レーザー機
  • 岐阜市内で唯一の新型装置
  • 痛みと不快感を軽減

こんな方におすすめ

  • 色黒の肌、色素沈着のある方
  • 日焼け肌の方
  • アトピー性皮膚炎の方
  • 産毛や細い毛もしっかりと処理したい方
  • 痛みが心配な方

秋冬から始める脱毛!来年の夏に向けて始めてみませんか。

永久脱毛ができるのは医療脱毛です。光脱毛では困難な発毛組織の破壊をレーザー脱毛により可能とします。
光脱毛と比較し施術回数を抑える事ができるため、長期間通う必要もありません。
レーザー脱毛は費用が高額になりがちだと言われておりますが、当院では総費用を抑える事を可能としております。

一度カウンセリングにお越しください。

蓄熱式ダイオードレーザーの特徴

① 脱毛時の痛みが少なく不快感を軽減します

高出力での単発照射では一度に多くのエネルギーを皮膚表面から照射する為に、熱傷のリスクとともに疼痛が伴います。蓄熱式の脱毛では痛みが抑えられるため、途中で施術を断念することなく継続できます。
特に男性のヒゲ脱毛は疼痛を伴いますので、蓄熱式による施術はその選択肢となります。

痛みに不安がある方はお気軽にご相談ください。

② 肌にやさしく、ダメージを軽減します

接触式のペルチェ冷却装置で皮膚表面を冷やしながら施術します。さらに、蓄熱式の照射は、急激な温度上昇が抑えられるため、熱傷リスクも軽減され、肌にやさしく痛みの少ない施術になります。

③ あらゆるスキンタイプに対応できます

1ショットの照射時間の調整ができるので、色白~色黒への肌色・肌質にも対応できます。
標準的なアジア人のスキンタイプは“Ⅲ”ですが、日焼けした肌やスキンタイプがⅣ以上の肌の黒い方には、皮膚表面のメラニン量が多く、脱毛の過程では皮膚表面の温度上昇に注意が必要となります、皮膚冷却をする装置の搭載とあわせて照射時間を長めに調整することで、皮膚表面の急激な温度上昇を抑えることができ熱傷の予防にもなります。

④ 全身脱毛もスピーディーに完了します

複数種類のハンドピースを当院では準備しております。脱毛部位にあわせ使い分ける事により短時間で効率的な照射をおこなえます。

⑤ 照射直後の毛のポップアップを軽減できます

単発式の照射方法では毛の内部が急激に高温になり、照射直後に毛のポップアップ(毛穴から飛び出てくる現象)が起こる可能性がありました。長年、このポップアップ現象が脱毛の成功の証とされてきました。しかし、蓄熱式のスムースパルス照射では、毛の温度を徐々に上昇させることでこの毛のポップアップを軽減し脱毛ができます。
照射後の毛はそのまま毛穴に残りますが、ヘアサイクルに合わせて2~3週間で抜け落ちてきます。
そのため、毛穴周辺の浮腫や異常な発赤ができず、肌へのダメージが少ない脱毛が可能となります。

禁忌・禁止

次の患者様には使用ができません

  • 光感受性が高い患者様
  • 治療部位にがん病変及び前がん病変がある患者様
  • 光感受性の医薬品を使用している患者様
  • てんかんの既往がある患者様
  • 妊娠中の患者様